日本全国の蔵元から日本酒を“直接”お届けします。
カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ

東和酒造有限会社

東和酒造有限会社
社名 東和酒造有限会社
郵便番号 〒620−0825
住所 京都府 福知山市 上野115番地
電話番号 0773-35-0008

- 蔵の紹介 -

東和酒造店舗

京都丹波・福知山唯一の小さな酒蔵 東和酒造有限会社です。 福知山は京都府北部中丹地域に位置します。明智光秀により築城され城下町として栄えた町です。江戸時代は譜代大名による転変があった後朽木氏に落ち着き、朽木家の石高三万二千石は福知山音頭にも記されており当社銘柄の由来ともなっています。 東和酒造は享保二年(1717年)に初代今川新六が京街道・生野宿近くに茶屋を創業し、その後清酒、醤油の製造を始めました。当時は今川酒造場として商いをしており創業から300年を超えました。    

東和酒造井戸

酒蔵の歴史は長いのですが、酒造りを長く休んでいた時期もあります。昭和52年に突然の井戸枯れにより酒造りを休むことになり、そのころは日本酒であればなんでも売れた時代であったことから製造委託の道を進みました。 平成20年より酒蔵の長女今川純が製造に加わり、各地で修業や研修を受けたのち平成23年より自家醸造を再開しました。実に33年ぶりの復活でした。復活してからは総米500坩焚爾了店みに限定し、あえて量産せずに少量多品種を造る体制をとっています。

- 酒造り -

お酒に使用する米は地元福知山で作る取り組みをしており、酒米「山田錦」「五百万石」飯用米「キヌヒカリ」を契約栽培していただきそのお米は「六歓」や季節限定酒の原料となっています。 東和酒造の酒造りは伝統にこだわり機械に頼らず杜氏を中心とした蔵人の手作業で行っています。搾りは昔ながらの木槽(きぶね)で優しくしぼっています。出来上がったお酒はすべて瓶で貯蔵し一本一本丁寧に熟成、管理をしています。 小仕込み、小ロットでできあがるお酒は百石あまり。製造量は限られていますがその分管理を徹底しお客様の飲みたいシーンに寄り添う作品作りをしています。 女性杜氏が織りなす丹波・福知山の地酒「福知三万二千石」純米酒ブランド「六歓」、木槽しぼりならではまろやかで深い味わいをぜひご賞味ください。

- 杜氏 -

杜氏 今川 純

現在の杜氏、今川 純は蔵元の長女ですが、元々酒造りを目指していたわけではありませんでした。それは、平成 18 年頃に経営難のため酒蔵が廃業の危機に直面していたとき、歴史のある会社をこのまま 廃業させてよいものかと思うようになり、自ら酒蔵を復活させることを決意しました。復活に向けては、数十年途絶えていた自家醸造の再開を目指しましたが、すでに酒造りのノウハウが無く、あらためて酒造りの修行から始めました。まず、知り合いの紹介で姫路市の酒造会社 で修行しましたが、ここには女性杜氏の方がいて、酒造りの基本を教わりました。その後、もっと深く研究したいと思い、その方に紹介いただいた酒類総合研究所でも酒造りを学 び、3 年の修行を経て平成 23 年から自家醸造を再開させるに至りました。自家醸造を再開後は、杜氏として自らの酒を追い求めてきました。酒の完成度は気候の影響を受 けますが、年を経るごとに向上し、平成30年には女性初の丹波杜氏となり、さらなる酒質の向上に努めております。


12商品
  



20歳未満の飲酒は法律で禁止されています。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
20歳以上の年齢であることを確認できない場合には酒類を販売いたしません。
20歳未満の飲酒防止のため年齢確認をさせて頂いております。予めご了承ください。